カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

とても重要なバラの香りの「10のノート(香調)」ってなに?

バラの香りはとても複雑です。
だからこそ奥深く魅力的なのですね。
さぁ、それではいったいバラの香りとは
どのような成分で出来ているのでしょうか?

バラの香りの分析ってどういうこと?

ツイスター説明

バラの香りは、五分咲きの頃が最も
よい香りだということがわかっています。

飛ばしてOK ,泙困蓮香りのするバラを探します。

△修涼罎埜淙咲きの状態のバラを見つけましょう♬

そのバラの中心付近の花びらにクリップを付けます。

ぅリップを付けたらTwister(ツイスター)をクリップに付けます。
(花弁に付けないように気を付けます。)

イ修慮紊法花全体にラップをして香りを閉じ込めます。

β圓弔海硲瓜間したらTwisterを回収します。

これで、バラの香気成分の捕集が終わりました。

あとは、研究室のGC/MS(ガス・リキッド・クロマトグラフィ/マス・スペクトロメトリー)

と呼ばれる機械で分析します。

GCは、ガスクロと呼ばれここで香り成分を個々にわけます。
MSは、香り成分の質量と分子構造を調べる機械です。

この2つがひとつとなってバラの香りの神秘を
人間が垣間見ることができるのです。

さて、そのガス/マスを使うと下の逃げたくなるようなグラフが出てきます。
でも怖がらないでくださいね 笑

見るのも嫌になるようなこのグラフが、
蓬田バラの香り研究所が咲いている生花のバラの香りを
驚くような精度で再現させるのに重要なのです。

MSチャート

飛ばしてOK このグラフ簡単に説明すると
横軸が、時間の経過なのですがところどころ
縦軸に飛び出しています。
この面積の一つ一つが香りを補修したバラに
含まれる成分の量なのです。
低い温度から徐々に高温で補修したバラの香り成分が
温度変化とともに計測されていきます。
同じ条件下で補修されたバラの香り成分は
同じ条件下で分析されます。
ある一定の振れ幅で同じ成分は、同じ時間帯に
検出されるのでこんなに多くもの成分が解明されてきました。

皆さんグラフに色々な色の○が ある事に気づきましたか?

これが、蓬田バラの香り研究所で門外不出の

です。

企業秘密なので全部はお見せできませんが、
これは、香り成分ごとの香調を色分けしてあります。
蓬田バラの香り研究所では、バラの香りを
10種類のノート(香調)と未知の成分+1の11種類に分けました。
でもそれだけ言われてもどんな香りなのかわからないですよね?
そこで下のようなものを作りました。

パルファム図

付いている色と香りの雰囲気(香調)がなんとなく
わかっていただけたでしょうか?
香りは透明でなかなか説明が難しいものです。
「リナロールの香りが弱くイオノン系が強くて…」
なんて言っても意味がわかりませんよね?
だからここのパルファム図ができたのです。
そして出来るだけ簡素にバラの香りを語ってもらえたら
ということでこの10のノートの分類から生まれた
現代バラの7種の香りを言葉として使っていただきたい
と思います。

もぜひ読んでみてください。

飛ばしてOK バラの香りが嫌いになる前に上の「7種の香りって何?」
を読んでみてください。

一応、10のノートも細かく説明いたします。

10ノート(香調)の解説

<トップ(軽い)成分>

(1) ハーバル・グリーンノートの香り
《針葉樹の葉、柑橘の皮などに特徴的なモノテルペン炭化水素類などの成分》

(2) フレッシュグリーンノートの香り
《植物の葉を揉んだ時に感ぜられる新鮮なグリーン・リーフィな成分》

<ミドル(ハート)成分>

(3) ダマスク・スィートノートの香り
《いわゆるバラらしい甘さに相当する主要な4成分》
 シトロネロール、ゲラニオール、ネロール、フェニルエチルアルコール

(4) フルーティ・フローラルノートの香り
《果物および各種花の香りを想起させるエステル、アルコール、
アルデヒド類などの成分》

(5) ティー・フェノリックノート
《やや湿ったフェノリック(薬品的な香り)でスパイシーさを
伴ったティー・ローズ特有の成分》
水を撒いたお花屋さんの前を通った時のような香り印象で、他の成分と
バランスよく含まれることで高品質な紅茶葉様の香りとなる。
含有%の多少はあるものの、現代バラのほとんどに含まれている。

(6) ティー・バイオレットノート
《紅茶やスミレの香りに特徴的な拡散性のあるイオノン骨格をもつ成分》

(7) スパイシーノート
《クローブ(丁子)やカーネーションにも多く含まれる特徴的なスパイシー様の成分》

(8) ミルラ(アニス様)ノート
《ハーブのアニス(ウイキョウ)に似たほろ苦味のある甘さに青臭さを伴った香り成分》
イングリッシュ・ローズの品種に特徴的なミルラ(アニス様)香に影響しており,
他の成分とのバランス如何で香りの嗜好が大きく別れる。最新の文献解釈で、
"ハーブのスィート・シスリー(ガーデン・ミルラ)"の香りに似ていると
記載されていることが判明した。

<ラスト(重い)成分>

(9) ウッディ・ハニーノート
《木材質および粉っぽい蜜様の匂いを想起させるセスキテルペン系炭化水素類
やアルコールなどの成分》

(10) ロージー・ワックスノート 《比較的揮発しやすい(中沸点化合物)花ロウ由来の成分≫
油脂、ワックス様の匂いがややあるが、バラに特徴ある香り印象を大きく持たない。
バラの香りの柔かさや保留性に影響している。

(11) 不明成分(未知成分を含む)

現代バラの7種の香りと香りの系譜

蓬田バラの香り研究所が分類した7種の香りは1000種類を 超えるバラの香りの分析から生まれました。
バラの香りを分析し続けて42年の蓬田勝之はバラの 香り成分を10のノートに分類しました。
そうしているうちにバラの香りには、ある系統があることを 発見しました。
その系統を科学的に解明し分類したのが現代バラの7種の香りです。

〜古代バラから現代バラまで香りのDNAは受け継がれている。〜

※香りの系譜の詳しい画像はクリックダブルクリックで簡易版に戻ります。】

,ヨーロッパの古代バラの香りの歴史

十字軍遠征の時代、フランスのシャンパーニュ伯ティーボルドー4世が パレスチナから持ち帰ったと言われるのが有力である。
「ロサ・ガリカ」は近縁種との自然交雑や枝変わりで多くの品種ができ
フレンチローズという系統の流れの祖にあたる。
また、濃紅色の花色の祖先でもある。

 「ロサ・フェニキア」は、小アジア原産でその名の通りフェニキア人によって もたらされたという歴史を物語っている。

 上記の「ロサ・ガリカ」「ロサ・フェニキア」の子がかの有名な 「ロサ・ダマスセナ」である。

余談 よくダマスク・ローズと呼ばれているのを耳にしますが、そいう品種のバラは存在しません。

バラ好きの大好きな香油【エッセンシャルオイル/ローズオットー】の元になるバラで 今でもブルガリア産を最高級とし各地で栽培されています。

 「ロサ・アルバ」【ロサ・ダマスセナとロサ・カニナの子】と「ロサ・モスキャータ」と 「オータム・ダマスク」の系統が「ロサ・センチフォリア」を生みました。
「ロサ・センチフォリア」は、名前の通り【cmのセンチ】100枚の花びらを持つ
自然実生のバラです。 この「ロサ・センチフォリア」の香りは、交配を重ねながら
ハイブリッドパペチュアルローズへ流れへと続いていきます。

,四季咲き性とティーの香りをもたらしたチャイナローズ

 「ロサ・ギガンティア」はティーローズの祖先である。
中国原産で「ティーローズエレメント」 :詳細へ【ジメトキシメチルベンゼン】を 主成分とした素晴らしい芳香があり、甘く華麗なヨーロッパの香りに 気品のあるティー【紅茶用爽やかなの香り】の香りをもたらした。

 中国原産のバラでもう一つ重要なバラが「ロサ・シネンシス」 である。
「ロサ・シネンシス」は、和名で「庚申薔薇」【こうしんばら】 と呼ばれていた。その名の通り十干【じっかん】の庚と十二支の申が 出会う日【60日】に1度咲き、ヨーロッパのバラに四季咲き性をもたらした 重要な品種である。

 「ロサ・ギガンティア」と「ロサ・シネンシス」は、チャイナローズの 系統を作りティーローズの流れへと続いていく。

,7種類の香りの系統へと多様化した現代バラ

 長い時をへてヨーロッパの「ハイブリットパペチュアルローズ」「ティーローズ」を交配した「ハイブリットティーローズ」 が誕生した。
1867年にギョー・フィズによって生まれた「ラ・フランス」
が現代バラの祖である。
この頃から、バラの育種技術は格段に上がって行き 今の香りの多様化に繋がっている。

〜現代バラの7種の香りの特徴と代表品種〜

パルファム図の楽しみ方はこちら
香   称:ダマスク・クラシック(Damask Classic)
代表 品種:芳醇,セシルブルナー,ティファニー etc
香りの特徴:
ゴージャスな華やかさにうっとりとする豊潤な香りで幾千もの香りの粒が同時にはじけて流れだすような感じ。
濃厚な甘みの中に、清純な気品あるさわやかさも併せ持っている。
さわやかさと、それでいて凛とした女性の姿を思い浮かべるようなバラの香り。
※パルファム図中央の写真は代表品種の赤文字の品種です。
この香りの商品一覧

パルファム図の楽しみ方はこちら
香   称:ダマスク・モダン(Damask Modern)
代表 品種:パパメイアン,クリムゾングローリー etc
香りの特徴:
華やかな甘みの中にすっきりとした清涼感のある香りで情熱的でなおかつ洗練された感じ。
嗅いでいるうちに徐々に全体像が浮かび上がってくるような魅力もあり。甘く柔らかな印象の中に、 しっかりとした個性が見えてくる現代的な女性像を思わせるバラの香り。
※パルファム図中央の写真は代表品種の赤文字の品種です。 この香りの商品一覧

パルファム図の楽しみ方はこちら
香   称:ティー(Tea)
代表 品種:ジオラマ,レディーヒリンドン,ガーデンパーティー etc
香りの特徴:
さわやかな雨上がりの朝を思わせるようなすがすがしい香り。やや男性的(少年的)な香りともいえる。 少しくせのあるフェノリック・グリーンの香りからのぞく、すっきりとした甘みが魅力。 若々しい中世的な印象をうけるが、その中に清楚な少女をも感じさせるような若いバラの香り。
※パルファム図中央の写真は代表品種の赤文字の品種です。 この香りの商品一覧

パルファム図の楽しみ方はこちら
香   称:フルーティー(Fruity)
代表 品種:ダブル・デライト,ドゥフトボルケetc
香りの特徴:
若くはじけるような愛らしさと、くせのない甘さが魅力の香り。
キラキラとした光の波が直接とどくような、明るい印象を感じる。
あどけない少女の中に見る女性としてのふくらみを想像させるバラの香り。
※パルファム図中央の写真は代表品種の赤文字の品種です。 この香りの商品一覧


パルファム図の楽しみ方はこちら
香   称:ブルー(Blue)
代表 品種:ブルームーン,ブルーパフューム etc
香りの特徴:
華やかな甘みの中にすっきりとした清涼感のある香りで情熱的でなおかつ洗練された感じ。
嗅いでいるうちに徐々に全体像が浮かび上がってくるような魅力もあり。甘く柔らかな印象の中に、 しっかりとした個性が見えてくる現代的な女性像を思わせるバラの香り。
※パルファム図中央の写真は代表品種の赤文字の品種です。 この香りの商品一覧

パルファム図の楽しみ方はこちら
香   称:スパイシー(Spicy)
代表 品種:デンティベス,ロサ・ムルチフローラ etc
香りの特徴:
控え目な甘さの中に、スパイシー様な香りが残る。 ベールの下に隠された秘めた魅力を醸し出す。
くせのある粉っぽい甘みが魅惑的なバラの香りになっている。
※パルファム図中央の写真は代表品種の赤文字の品種です。 この香りの商品一覧



パルファム図の楽しみ方はこちら
香   称:ミルラ(Myrrh)
代表 品種:セント・セシリア,アンブリッジローズ etc
香りの特徴:
初めはみずみずしく、そして濃厚な甘さに変化していく過程がとても優美な印象を与える香り。
中性的な青っぽさの中にある、少女のような柔らかな甘みから、しっかりした濃厚な成熟した甘みをも併せ持つ不思議な魅力を醸し出すバラの香り。
※パルファム図中央の写真は代表品種の赤文字の品種です。 この香りの商品一覧

ページトップへ